2013年03月31日

足にラリるれ・・・

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日3月31日の「誕生○○」は・・・
・誕生虫:カブトムシ
  虫言葉は・・・『出会いの予感』
・誕生果:アテモヤ
  くだもの言葉は・・・『契り』

だそうです。

誕生虫は、「カブトムシ」

言わずと知れた「昆虫の王様」で子どもたちに人気の昆虫です。(^o^)

カブトムシの一番の特徴といえば、その大きなツノ。
そのツノを日本古来の兜に見立て、その名が付いています。

漢字で書くと「兜虫、甲虫」
カブトムシやクワガタ、テントウムシやホタルといった、
固い殻で覆われた昆虫のことを、「甲虫(こうちゅう)類」とも
呼ぶだけに、漢字で書くと非常に紛らわしいことになりますね。( ̄~ ̄;)

ちなみにカブトムシは、日本最大の甲虫でもあったのですが、
1983年にヤンバルテナガコガネが発見されたため、
現在は日本最大の座からは転落しています。(^_^;)

虫言葉は「出会いの予感」
カブトムシといえば、夏の虫。成虫になるのは、主に6月頃の事。
それまではサナギとして土の中に暮らしています。

なので、この時期に「出会いの予感」とか言われても、残念ながら
一般的なカブトムシの形ではなく、いわゆるお菓子のカールみたいなヤツ
との出会いって事になりますね。(-_-;)


そして、誕生果は「アテモヤ」

「酒のアテが、もやし」とか「おてもやんの親戚」ではなく
トロピカルフルーツの一種。

釈迦頭とチェリモヤを掛け合わせて作った品種で、日本国内では
沖縄などで栽培されています。

森のアイスクリームと呼ばれており、糖度20〜25度と、国内産の
フルーツでは最も糖度が高いものになるのだそうです。

そんなに美味しいのなら、一度食べてみたいものですね。( ̄〜; ̄)

ただ、このアテモヤ、採れる期間が決まっており、今年の出荷は
もう終了しているようです。

アテモヤではなく、食べたくて「モヤモヤ」しそうですね。(;´▽`A``



って事で今回の更新です。




軽く横になるつもりでウトウトしていたら、気がつくと完全に爆睡。
すっかり時間がタイムスリップしていました。( ゚д゚)!

なので、やっぱり今日も簡単更新。お許しくださいませ。(*- -)(*_ _)ペコリ


N男爵の足元にスリスリ転がるのは、いつもの茶色いBabys・・・




・・・ではなく、白猫ウトロくん。




しばらく、N男爵の足を堪能したあとは・・・




床に転がっていました。

おヒゲが「鼻血ブー」みたくなってますね。ププッ (*^m^)o==3




ウトロくんならぬ、ウットリくんになってました。(^_^;)




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 井上ウトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする