2013年04月22日

寝ぼけベソ

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月22日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:シマフクロウ
  鳥言葉は・・・『守護』
・誕生魚:ヒシダイ
  魚言葉は・・・『落とし物』

だそうです。


誕生鳥は、「シマフクロウ」

黒木メイサさんの本名「島袋さつき」さんの事ではありませんよ。
といっても、もう既に結婚して、今は赤西さんですけどね。(^_^;)

もちろん人の名前ではなく、全長約70p、翼を広げると約180cm、
体重は3〜4kgの世界最大級のフクロウ。

猫よりも大きいくらいですね。(⌒▽⌒;)

漢字で書くと「島梟」
縞模様の「縞」ではなく、「島」
この「島」とは、北海道の事を指しています。

かつては、北海道全域に生息していたのですが、現在は北海道内の
限られた地域で130〜140羽が生息するのみと言われています。

鳥言葉は「守護」

シマフクロウはアイヌ語では「コタン・コロ・カムイ」
「コタン(集落)を護る神」と呼ばれていました。

なので、これはもう、そのまんまですね。

ただ、これだと神様の数が激減しているという事になりますねぇ。
何とかしてほしいものです。( ̄~ ̄;)


そして、誕生魚は「ヒシダイ」

漢字で書くと「菱鯛」

見た目にもわかりやすく菱形をしています。
ひなまつりの時の菱餅の代わりに使えそうです。(^o^;)

魚言葉は「落とし物」

このヒシダイは、主に海底付近で生活する底生魚で、底引き網に
かかる事が多いんだそうです。

よく、海の底に落ちている落とし物って事なんですかねぇ。(-_-;)



って事で今回の更新です。



昨日の記事は、週末企画の「ウトロくんの寝ぼけ顔シリーズ」を
お送りしましたが、他の子の寝ぼけ顔はどうなのか気になるんでは
ないでしょうか?

なので、本日の記事はベソの寝ぼけ顔(というより寝ぼけ状態?)を
お送りしたいと思います。




布団の上で起き上がるベソ。




しばらくボー然状態が続きます。




あっ。目が開きました。( ^ω^)




でも、戻りました。(_ _。)




またもやボー然。

そして1枚目の写真に戻ります。

エンドレスかよっ。(; ̄▽ ̄)ノ”





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

ベソジョソ5歳になりますた 〜前編〜

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月23日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:シロハラトウゾクカモメ
  鳥言葉は・・・『漁夫の利』
・誕生虫:クギヌキハサミムシ
  魚言葉は・・・『おしゃれポーチ』

だそうです。


誕生鳥は、「シロハラトウゾクカモメ」

全長は、約50cm弱。カラスより少し小さいサイズ。
白いお腹に、喉元は黄色、羽根や背中は黒っぽい色と
色合い的にはカモメというよりペンギンに近い配色。(^o^;)

漢字で書くと「白腹盗賊鴎」
その、白いお腹と、他の海鳥を襲って食物を奪う所から、
この名がついているそうです。

腹白なのに腹黒。まるで、どこぞの白猫のようですね。(-_-;)

ただ、他のトウゾクカモメに比べると、自分で魚を捕食することも
多いみたいですけどね。

鳥言葉は「漁夫の利」
漁夫の利って、何もしなくても恩恵に預かることですよねぇ。
力ずくで奪い取っていたら、漁夫の利とは言わないのでは・・・?


そして、誕生虫は「クギヌキハサミムシ」

釘抜きで、なおかつハサミとは、どんだけすごい虫なんでしょうね。(^o^;)

害虫率の高いこのコーナーには珍しく、稲の害虫を食べる益虫として
地域によっては、稲の栽培時に、このクギヌキハサミムシを撒く所も
あるのだそうです。

さらには、こちらのクギヌキハサミムシ、卵を産むと、
その卵が孵化するまで懸命に守り続け、卵が孵化すると、
生まれた幼虫のためにその身を捧げ、子供たちに食べられることで
一生を終えます。

なんとケナゲなんでしょう。(/_;)

上の見た目が愛らしい、腹黒な鳥に比べ、見た目がグロいケナゲな益虫。

神様もイジワルですねぇ。( ̄~ ̄;)

虫言葉は「おしゃれポーチ」
釘抜きとハサミを入れるのには、おしゃれポーチは不向きな気がします。

職人さんのウェストポーチとかだったら入ってるかもしれないですけどね。
ププッ (*^m^)o==3



って事で今回の更新です。



お待たせしました。(*- -)(*_ _)ペコリ
やっとこさ、写真の編集作業が完了しましたので、今日の記事は
4月17日のベソジョソ誕生日の様子をお送りいたします。




この日の主役は、ベソジョソのふたりのハズでしたが・・・
ビニールの包みに誘われてやってきたのはドンちゃん。

クンクン匂った後は・・・




抱え込んでくつろぎます。(;゚Д゚)

と、そんな大事そうに抱え込まれたビニールの中身はこちら・・・




オレンジケーキ〜っ。

そう。妹のジョソ柄に合わせて、毎年この日は、こちらの
オレンジケーキでお祝いするのが、ウチの恒例行事となっているのです。(^O^)

といいつつ、肝心のジョソの姿が見えません。

この時のジョソはというと・・・・

 ・
 ・
 ・



物陰でこっそりキョドっていました。

相変わらず、人見知りで、こういう時に絵にならなくて困るんですよね。

結局、ケーキを囲んでの誕生日らしい記念のショットは撮れずじまい。

ま、こんなもんですよね。(-_-;)

ただ、そんな引きこもりジョソもある状況を迎えると一変。




3にゃんズまとめて、ドアの前に張り付いています。




一体何が起こったのでしょうか・・・?


って、すぐに想像ができますよね。(^O^)

そう、にゃんズが喜ぶあの時間。
明日の記事へと続きます。(^^ゞ




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

ベソジョソ5歳になりますた 〜中編〜

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月24日の「誕生○○」は・・・
・誕生魚:マルタ
  魚言葉は・・・『丸太小屋』
・誕生果:チェリモヤ
  くだもの言葉は・・・『真の友情・クール』

だそうです。


誕生魚は、「マルタ」

国名でも、サックス奏者でもなく、コイ目ウグイ属に属する魚の名前です。
「マルタウグイ」とも呼ばれています。

漢字で書くと「丸太(石斑魚)」
そのまんまですね。(^o^;)

詳しい由来はわかりませんが、おそらく川を遡上してくる姿が、
丸太が流れている姿に似ているから付けられたのだろうと思われます。

通常のウグイと比べサイズが大きく、わりと釣りやすい上に、
1年中いつでも釣れることから釣り人たちに人気の魚です。

食べるには、小骨が多いらしく一工夫必要みたいですけどね。(^_^;)

魚言葉は「丸太小屋」
こちらもそのまんまですね。

ただ、通常丸太を使って組み上げる小屋が、この魚の「マルタ」を
使って組み上げたとしたら・・・

何だかヌメヌメした小屋ができそうですね。
・・・って、その前にすぐ腐ってしまいますね。(;´▽`A``


そして、誕生果は「チェリモヤ」

以前、アテモヤという果物が出てきた時、少しだけ登場したのですが
きっと覚えてないですよね。(^o^;)

南米のペルー・エクアドルが原産で、世界三大美味果の一つと
される果物です。

あとの二つは「マンゴスチンとパイナップル」説と
「マンゴスチンとマンゴー」説があります。

いずれにしても、世界三大と言われながら、他の二つに比べて
イマイチ知名度が低いのは否めないようですね。

南米産のフルーツなので、日本ではなかなか栽培が難しいようで
生産量が殆どないみたいですね。
なので、あんまり全面的にプッシュできないという事情も
あるのかもしれません。

一度食べてみたいものですが、そんな状況なので非常にいい
お値段がしてますね。

我が家の食卓にたどり着く日は、果てしなく遠いようです。
「真の友情」をむすべる日はいつのことやら・・・。( ̄~ ̄;)



って事で今回の更新です。



今日の記事も昨日に引き続き、4月17日のベソジョソ誕生日の
様子をお送りいたします。




入り口の前で尻尾を上げて待ち構えるものとは・・・?




そうです。
誕生日用のウマウマディナー。(^O^)

3にゃん仲良く二口皿でいただきます。
普通はケンカになりそうと思われるでしょうが・・・




ジョソが食べて・・・




ドンちゃんが食べてと交代でうまく折り合っています。




それにしても、尻尾を微妙に浮かせて食べるジョソ。
食べづらくないのでしょうか・・・?

一方で、写真の奥で影になるようにして見えていなかった
ベソはというと・・・




譲ることなくひたすら食い続けていました。(・・;)




ジョソやドンちゃんが食べ終わってもひたすら食う。




残ってるお皿の方まで進出して食う。




そりゃあ、ドンちゃんも呆れ顔になるっちゅうねん。(*・o・)


明日の記事へと続きます。
明日はみんなのウマウマ顔かな?




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

ベソジョソ5歳になりますた 〜後編〜

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月25日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:ハイイロタチヨタカ
  鳥言葉は・・・『人は見かけによらず』
・誕生魚:ゼニタナゴ
  魚言葉は・・・『現金輸送車』

だそうです。


誕生鳥は、「ハイイロタチヨタカ」

漢字で書くと「灰色立夜鷹」

カタカナだとどこで区切っていいかわかりませんが、
漢字だと何となく意味がわかるような気がします。

ま、それでも、ぱっと見では鳥の名前とは思えませんけどね。(;´▽`A``

で、そのハイイロタチヨタカは中南米に生息する完全夜行性の鳥で、
昼間は直立不動で立ったまま寝ています。

その姿は、完全に木の枝そのもので、同化して見分けるのが
非常に困難なのです。

餌を捕獲する時は、空中を飛んでいる昆虫を、木の枝から飛び立ち
そのまま空中で捕まえるという、まるで忍者のような鳥なのです。

昼間は一切動かないのに、夜は空中で小さな虫をキャッチするほどの
ダッシュを見せるなんて「人は見かけによらない」もんですね。

ま、人ではなく鳥なんですけどね。(^o^;)


そして、誕生魚は「ゼニタナゴ」

コイ科タナゴ属に属する日本固有の淡水魚の一種。

地方によって呼び名が異なり「ニガビタ」「ヤスリメ」など
とも呼ばれます。
特に関東では「オカメ」「オタフク」と呼ばれ親しまれていました。

が、最近では外来種のブラックバス・ブルーギルの食害を受け
生息数が著しく減少しており、本来の生息地である霞ヶ浦では
近年、その生息が確認できておらず、既に絶滅した可能性が高いと
見られています。

「オカメ」の出番は、もうないということなんでしょうね。(/_;)

まさに、外国人窃盗団に襲われた「現金輸送車」って感じですね。( ̄~ ̄;)



って事で今回の更新です。



今日の記事もさらに引き続いて、4月17日のベソジョソ誕生日の
様子をお送りいたします。

ウマウマディナーを食べた3にゃんズ。
今日の記事では3にゃんズのウマウマ顔を披露です。

果たして、ベソのグフフ顔を見る事はできるのでしょうか?


まずは、一番最初に食べ終えたジョソ・・・




ケージ内最上段の落ち着くスペースまで駆け上がり、ペ〜ロペロ。




く〜わっ




ぺろりん。

控えめながら、わりと満足したご様子です。




ちなみにドンちゃんは、その手前で柵の金属部分にス〜リスリ。
ま、今回の主役はベソジョソ姉妹なので、ドンちゃんはスルー。

って、そうこうしてると、ベソが食べ終わりました。




ベソは、ジョソのくつろぐケージに合流。

「うまかったにゃ」とでも、ジョソに話しかけてるんでしょうか?




その後は、ぺろ〜ん。




れろ〜ん




ぺろりんちょ。

・・・と変顔の連発。




キョトン顔を披露したあとは・・・




ついにグフフ顔をお披露目です。
(`ω´)グフフ




この顔が出れば、ベソの大満足の証。

ウマウマディナーは好評の内に終了でした。

人間はケーキでウマウマ。
にゃんズはディナーでウマウマ。

とりたてて変化のない毎年の恒例行事ではありましたが、
この恒例行事を何年も続けていけるよう、仲良しにゃんズのまま
毎年歳を重ねていってもらいたいですね。(^O^)




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

山本サファリパークの新しい催し物 その3

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月26日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:シロハラミズナギドリ
  鳥言葉は・・・『隠れた才能』
・誕生魚:スギ
  魚言葉は・・・『花粉症』

だそうです。


誕生鳥は、「シロハラミズナギドリ」

漢字で書くと「白腹水薙鳥」
お腹の部分が白いミズナギドリという事です。

先日登場した「シロハラトウゾクカモメ」に引き続いての、
「シロハラ」シリーズみたいですね。(^o^;)

こちらのシロハラミズナギドリは、他の海鳥から獲物を
奪うような事はしないので、腹黒ではなさそうですね。

某白猫を含めた「お腹が白い腹黒」グループには属さないようです。

ただ、分類的に言えば、こちらのシロハラミズナギドリ属
ものすごく種類が多く、ひょっとしたら腹黒のヤツも
混じっているかもしれませんね。(^_^;)

そして、環境省レッドリストによると、分類項目は「情報不足(DD)」
つまり、いまだにその生態については詳しくわかっていないとの事。

ひょっとすると「隠れた才能」が眠っているのかもしれません。


そして、誕生魚は「スギ」

木の種類でもなく、「スギちゃん」でも、ましてや
スギ。(インスタントジョンソン)」でもありません。
スギという名の魚です。(-_-;)

クロカンパチという名でも呼ばれているようですが、
カンパチとは全く別の種類。
種類的には、コバンザメに近いのだそうです。

食べるとなかなかうまいようで、近年では養殖の数が増えているそうです。

ただ養殖では、水槽からいけすに移す時に、死んでしまう事が多く
問題となっているそうです。

すぐに死んじゃうぜぇ〜。ワイルドだろぉ〜。


魚言葉は「花粉症」

・・・って、それ木のスギ。(; ̄▽ ̄)ノ”
まんま使っちゃうぜぇ〜。ワイルドだろぉ〜。



って事で今回の更新です。



今日は1枚の写真からスタートです。




何やら、しかめっ面のウトロくん。

なんで、ウトロくんがこんな表情をしているかというと・・・。





ウトロくんの頭上。
そう、ケージ上ではBabysの皆さん方が反対側にある三段ボックスまで・・・




ジャンプ大会の真っ最中。




自分の頭上で飛び交う出来事に、まともに跳べない
どんくさウトロくんは・・・




このようなしょっぱい顔を見せていたのでした〜。


山本サファリパークの出し物である山本サーカスのショーを
こんなかぶりつきの席で見てるんですからねぇ。

せめて・・・




これくらいの少年のようなキラキラ顔を見せて欲しいもんです。
ププッ (*^m^)o==3




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 山本軍団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

落ちたティラミスの実

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月27日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:アオジ
  鳥言葉は・・・『孤独を楽しむ』
・誕生果:マレーフトモモ
  くだもの言葉は・・・『純粋、潔白・無難』

だそうです。


誕生鳥は、「アオジ」

ふとした拍子にぶつけてしまって、皮下出血を起こしてしまうやつですね。
・・・って、それは「青あざ(青たん)」

ちなみにここ広島では、青あざのことを「あおじ」と言います。(^o^;)

と、そんな軽いボケは置いといて・・・

漢字で書くと「青鵐」
スズメ目ホオジロ属の小鳥。頭の部分の濃い緑色から、
その名が名付けられました。

普段は非常に用心深い性格で、草むらの中に身を潜めている事が多く、
主に単独でいる事が多いようです。

そんな様子から、鳥言葉「孤独を楽しむ」も付けられたみたいですね。

そのまんまなので、ある意味、面白くないですね。(^_^;)


そして、誕生果は「マレーフトモモ」

いつの間にか太ももをぶつけてて、青あざになっているのを見て、
「あれ〜太ももがぁ・・」って言ってるわけではなく、
マレーシア産のフトモモ科の植物です。

「マレーの虎」の「マレー」ですね。(^o^)
「マネーの虎」だと、「マネー太もも」と別の意味になるので
注意が必要ですね。(-_-;)

ちなみに、「フトモモ」とは、中国名の蒲桃(ほとう:プータオ、フートー)が
由来となっており、「太股」とは一切関係がありません。

英語では、「ローズアップル」「マウンテンアップル」などと呼ばれ
薄いリンゴのような味だそうです。

というわけで、「無難」に、「太もも」と絡めた紹介で
まとめてみました。(;´▽`A``



って事で今回の更新です。



先日のことです。
ベソジョソドンの暮らす部屋に入ると・・・




いつもの場所にティラミスベッドがない・・・。




下を見ると、落ちていました。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!




よくよく見ると、中にはまだ、実が詰まってる。
( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン………




慌てて飛び出してくるティラミスの実。





この日の誕生果はティラミスだったようです。

くだもの言葉は「飛び出す三毛」かな??





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

ウトロくんの寝ぼけ顔 その3

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月28日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:ナキハクチョウ
  鳥言葉は・・・『癒しの歌声』
・誕生魚:クロコバン
  魚言葉は・・・『繰り返し』

だそうです。


誕生鳥は、「ナキハクチョウ」

全長150〜180cm、翼を広げた状態では200cmを超えるサイズにもなる
白鳥で、世界最大の白鳥と言われています。

漢字で書くと「鳴白鳥」
英名では「トランペッタースワン」

鳴き声がトランペットの音に似ている事から、このように
名付けられたそうです。

主に、北米に生息する種類で、20世紀初頭には狩猟などにより、
その数を100羽以下にまで減らし、絶滅の危機に貧していたそうです。

それが、その後の保護活動により、現在は23,000羽以上にまで回復。
絶滅の危機からは脱しているようです。(´▽`)

今では、日本にも多くの個体が、やって来るみたいです。

ここで紹介するものには絶滅の危機にあるものも多いのですが、
中には、こういった種類もあるみたいです。

もっと、こういった話が聞けるようになるといいですね。(^o^)

鳥言葉は「癒しの歌声」

トランペットの音は、正直「癒し」には程遠いですが、
この話と合わさると、癒しになりますよね。(^O^)


そして、誕生魚は「クロコバン」

漢字で書くと「黒小判」

漢字で見ると何となく意味が分かりますよね。
そう、黒いコバンザメです。

最初、名前の文字だけを見ると、黒子が爆発して「黒子バーン」かと
思っちゃいました。
・・・ってさすがにそれはないでしょうが・・・。(^_^;)

このクロコバンに代表されるコバンザメは、日本だと権力のあるものに
乗っかる太鼓持ち的なポジションの人を指すように、あまりいい意味では
使われませんが、意外とコバンザメの世界も大変な様子。

というのも、自分より大きな種類に張り付いて、おこぼれをもらって
いるわけですが、意外とその寄生してる相手に食べられてしまう事も
あるのだとか・・・。(;゚д゚)

ま、張り付いてても、気にしないような種類だから、食べてしまっても気にしないって事ですね。(^o^;)

結構、人間社会のコバンザメでも、同じような事もあるのかも
しれませんけどね。

人間の世界でも、そんな事の「繰り返し」なのかも知れません。



って事で今回の更新です。



今日の記事は「ウトロくんの寝ぼけ顔」シリーズです。




先日のオレンジケーキならぬオレンジベッドで眠るウトロくん。




アップに寄るとこんな感じ。

相変わらず顔がデカいですね。(-_-;)




悪口が聞こえたんでしょうか?

薄目を開けて「聞こえてるよ」とでも言いたげな表情を
されてしまいました。(;´▽`A``





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

寝ぼけ?ジョソ

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月29日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:キジ
  鳥言葉は・・・『出る杭は打たれる』
・誕生魚:タウナギ
  魚言葉は・・・『農薬散布』

だそうです。


誕生鳥は、「キジ」

漢字で書くと「雉」

そう、「記事」や「生地」ではなく、桃太郎に登場する、
あのキジですね。(^O^)

このキジは、日本の国鳥として指定され、以前の1万円札のデザインにも
用いられていました。

また、ことわざや民話にも多く登場し、日本人に馴染み深い鳥の
一つであると言えそうです。(^^)

ただ、そんなに馴染み深い鳥でありながら、狩猟することが許され、
食用としても活用されています。(-_-;)

国の象徴が食べられているというのはどうなんでしょうね?
ま、食文化に対しても広く貢献しているといえば、
それまでなんですけど・・・。( ̄~ ̄;)

鳥言葉は「出る杭は打たれる」

やはり、これは「キジも鳴かずば、うたれまい」に掛けてるんでしょうかね。
「鳴くからうたれる」みたいに・・・。

でも、この場合の「うたれる」は、正確には「撃たれる」なんですけどね。(Θ_Θ;)


そして、誕生魚は「タウナギ」

漢字で書くと「田鰻」

その名の通り、水田や沼などに生息するウナギの一種です。
日本では、あまり食用にはされていませんが、中国や台湾などでは
一般的な食材として広く活用されています。

ただ、このタウナギですが、なぜか時折ニュースのネタとして
世間を騒がすことがあります。

それは、「体の中に、このタウナギが侵入した」というもの。

なぜか中国では、定期的にこのような
このタウナギを体に挿入してしまい、手術をしなければいけなくなる人」が
出てくるみたいです。

ものすごく痛々しいニュース。
そんな目はなかなか会いたくないですねぇ。(-_-;)

さすがは、広い中国。いろんな方がいらっしゃいますね。




って事で今回の更新です。




先週、ウトロくんの寝ぼけ顔に引き続いて、ベソの寝ぼけ姿を
ご紹介させていただきましたが、では妹のジョソの場合は
どうなんでしょう?って事で、今日の記事はジョソの寝起きを
お送りしてみましょう。




布団の隅っこで、ちんまりと寝るジョソ。
朝の寝起きはこんな感じです。(*^^*)




ベソのような寝ぼけ状態になることもなく、まったりとした
寝起きです。




特に、豪快な寝ぼけ状態になることはないのですが、
目ヤニを付けていることが多いのが特徴です。

人見知りのジョソは、目ヤニを取ろうとすると、さらに引きこもりに
なるので、あんまり無理に取ることが出来ないのです。(/_;)

これがなければ、美にゃんで通せるのにねぇ・・・。
┐( -"-)┌ヤレヤレ...




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

その時姉は・・・?

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月30日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:キバタン
  鳥言葉は・・・『苦労性』
・誕生虫:おけら
  虫言葉は・・・『担当者が席を外している』

だそうです。


誕生鳥は、「キバタン」

あの、みそかつで有名な「矢場とん」が姉妹店で、
牛タン屋「木場たん」がオープンしました。

というのは、もちろんウソですが、にわかに信じてしまいそうな
くらいに違和感がないですね。(^_^;)

オーストラリアに生息する、大型のオウムの一種で、
漢字で書くと「黄芭旦」

白い体に、黄色いトサカが特徴です。
人好きな個体が多く、非常に高い知能を持っているため、
ペットとしても人気があるそうなのですが、体長約50cmと大型で
鳴き声もかなり大きいので、飼える方は限られるようですね。(^o^;)

それに、一番の問題点?として、寿命がとても長く、
40〜50年、長いものだと70年以上も生き続けるみたいです。
一世代で飼おうと思ったら、飼い主も相当長生きしないと
いけませんね。(^_^;)

「苦労性(小さいことまで気にかけて心配する性質)」の人には
絶対飼えない種類ですね。ププッ (*^m^)o==3


そして、誕生虫は「おけら」

コオロギの仲間で、正式な名前は「ケラ」
「おけら」というのは、いわゆる俗称です。

この「おけら」の名前を聞いて、おそらくほとんどの方が
思い浮かべるであろうフレーズが、「ミミズだって、おけらだって、
アメンボだってぇ〜」だと思われます。

そう、童謡「手のひらを太陽に」ですよね。

この「手のひらを太陽に」を作詞したのは、あのアンパンマンの作者
やなせたかしさんだって、知ってました?

それから、一般的に「おけらになる」と言って、一文無しになる事を
表現しますが、この語源は、おけらを前から見た時の姿が
両手を上げて万歳しているように見える事から、お手上げ状態に
見立てたという説が有力となっています。

ま、詳しい事は「担当者が席を外している」ので、
よくわかりませんけどね。(;´▽`A``




って事で今回の更新です。




昨日の記事で、ジョソの寝ぼけ姿を紹介しましたが、
その時の様子を引きの画で見ると・・・




こんな状態。

そう。ベソジョソドンの3にゃんズが仲良く寝ていたんですね。(^O^)




相変わらず仲良しでいいなぁ。と思っていると・・・




なぜか、ゆっくりと転がって回り始めるベソ。




ついには、仰向けに・・・。

後ろのジョソが、ちょっぴり可愛いですね。




結局、最後はこんなホラーチックな状態に・・・。

実の姉妹なのに、寝起きのまったりした時間には
こんなにも差があるのです。

ベソは性格はとってもイイ子なんですけどねェ。

ちょっと見た目で損をしてますよね。




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする