2013年04月18日

箱の中身はなんじゃろな?

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月18日の「誕生○○」は・・・
・誕生魚:ベニカワムキ
  魚言葉は・・・『りんごの皮むき』
・誕生果:アーモンド
  くだもの言葉は・・・『大志・実直』

だそうです。


誕生魚は、「ベニカワムキ」

おちょぼ口で目のクリっとしたフグ目の魚。
フグの仲間という事ですが、カワハギなどに近い種類です。

漢字で書くと「紅皮剥」
「皮剥」という漢字だけなら「カワハギ」と読むのですが、
「紅」が付く事で、なぜか「カワムキ」と読んでいます。(^_^?)

食べると美味しいそうですが、体長が10cmほどで、深海に住むことから
ほとんど流通することがないそうです。

しかし、そんなに小さな魚まで食べなくてもねぇ・・・。( ̄~ ̄;)

魚言葉は「りんごの皮むき」

赤くて、皮をむく物という事で、これにしたんでしょうけど、
そのまんまですね。

ま、トマトの皮を向かれても困りますしね。(^o^;)


そして、誕生果は「アーモンド」

・・・って、アーモンド!?

てっきり、この誕生果は、フルーツだとばっかり思ってたんですけど、
ナッツ類も含まれるようですね。(^_^;)

たしかに、ナッツも木の実といえば、木の実。

それに、意外とアーモンド自体の生態については詳しく知らないし、
ちょうどいいのかも・・・。(^o^;)

アーモンドの実と思っているものは、果肉の中にある種の、
さらに殻を割った「仁」といわれる部分。

よく、ひまわりの種とかで、殻を剥いて食べるトコですね。

そしてアーモンドの木は、バラ科サクラ属で、桜の木と同様に
3月から4月にかけて、一斉に花を咲かせます。

そして、7月から8月頃に実が熟して、収穫がされるということだそうです。

桜の他に、アーモンドに近い仲間としては、「杏(あんず)」があり、
杏の実の「仁」の部分がいわゆる「杏仁」。

そう、杏仁豆腐に使われるあの杏仁ですね。(^O^)

なので、杏仁の代わりに、アーモンドが代用されることもあるのだとか・・・。

知ってるようで、意外と知らないもんですね。(・0・。)



って事で今回の更新です。



今日の記事は、昨日お伝えしたベソジョソの誕生日の様子・・・

・・・と行きたかったのですが、写真の編集が間に合わないので、
また後日にお送りします。(*- -)(*_ _)ペコリ


なので今日は、以前の記事にし損ねていた写真を発掘してお送りします。

ケージの隣の山本荘。
途中に置いた箱の中に、見知らぬ物体が入っている事がよくあります。


そんな光景がコチラ・・・

 ・
 ・
 ・



じゃ〜ん。

箱から、デッカイ顔が覗いています。




その顔の正体は・・・?

って言わなくてもわかりますね。

そう。ウトロくんです。

白い箱に、白猫が一体化。




上から見るとこんな感じ。
みっちみちです。

完全に寝ボケていたのですが、しばらくすると・・・




なぜか、目がぱっちり。




よく見ると、ちょっと寝ボケて涙目ですが、何があったんでしょうね。

結局、理由はわかりませんでしたが、久々のぴっちり。

「ボックスピチ男くん」と披露したウトロくんなのでした〜っ。
ププッ (*^m^)o==3





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ピチ男くん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする