2013年04月30日

その時姉は・・・?

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月30日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:キバタン
  鳥言葉は・・・『苦労性』
・誕生虫:おけら
  虫言葉は・・・『担当者が席を外している』

だそうです。


誕生鳥は、「キバタン」

あの、みそかつで有名な「矢場とん」が姉妹店で、
牛タン屋「木場たん」がオープンしました。

というのは、もちろんウソですが、にわかに信じてしまいそうな
くらいに違和感がないですね。(^_^;)

オーストラリアに生息する、大型のオウムの一種で、
漢字で書くと「黄芭旦」

白い体に、黄色いトサカが特徴です。
人好きな個体が多く、非常に高い知能を持っているため、
ペットとしても人気があるそうなのですが、体長約50cmと大型で
鳴き声もかなり大きいので、飼える方は限られるようですね。(^o^;)

それに、一番の問題点?として、寿命がとても長く、
40〜50年、長いものだと70年以上も生き続けるみたいです。
一世代で飼おうと思ったら、飼い主も相当長生きしないと
いけませんね。(^_^;)

「苦労性(小さいことまで気にかけて心配する性質)」の人には
絶対飼えない種類ですね。ププッ (*^m^)o==3


そして、誕生虫は「おけら」

コオロギの仲間で、正式な名前は「ケラ」
「おけら」というのは、いわゆる俗称です。

この「おけら」の名前を聞いて、おそらくほとんどの方が
思い浮かべるであろうフレーズが、「ミミズだって、おけらだって、
アメンボだってぇ〜」だと思われます。

そう、童謡「手のひらを太陽に」ですよね。

この「手のひらを太陽に」を作詞したのは、あのアンパンマンの作者
やなせたかしさんだって、知ってました?

それから、一般的に「おけらになる」と言って、一文無しになる事を
表現しますが、この語源は、おけらを前から見た時の姿が
両手を上げて万歳しているように見える事から、お手上げ状態に
見立てたという説が有力となっています。

ま、詳しい事は「担当者が席を外している」ので、
よくわかりませんけどね。(;´▽`A``




って事で今回の更新です。




昨日の記事で、ジョソの寝ぼけ姿を紹介しましたが、
その時の様子を引きの画で見ると・・・




こんな状態。

そう。ベソジョソドンの3にゃんズが仲良く寝ていたんですね。(^O^)




相変わらず仲良しでいいなぁ。と思っていると・・・




なぜか、ゆっくりと転がって回り始めるベソ。




ついには、仰向けに・・・。

後ろのジョソが、ちょっぴり可愛いですね。




結局、最後はこんなホラーチックな状態に・・・。

実の姉妹なのに、寝起きのまったりした時間には
こんなにも差があるのです。

ベソは性格はとってもイイ子なんですけどねェ。

ちょっと見た目で損をしてますよね。




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする