2013年05月07日

ウトロくん、救済?

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日5月7日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:コウライウグイス
  鳥言葉は・・・『遠方の友人』
・誕生魚:ヒガイ
  魚言葉は・・・『妄想』

だそうです。


誕生鳥は、「コウライウグイス」

漢字で書くと「高麗鶯」

インドから東南アジアにかけて生息する、スズメ目コウライウグイス科の鳥です。

ウグイスと名が付きますが、本家ウグイスの仲間ではなく、
ムクドリに近い種類です。

ウグイスと同じように綺麗な声で鳴くことから、高麗のウグイスとして
その名前が付けられました。

本家ウグイスが、地味な色をしているのと対照的に、鮮やかな黄色で
見た目にも美しい鳥として知られています。(^^)

そして、このコウライウグイスの仲間に、「アビシニアコウライウグイス」
という鳥もいます。
そう、猫の「アビシニアン」と同じくエチオピアの旧国名が
付いてるんですね。(^O^)

・・・って、よく考えると、高麗も南北朝鮮の旧国名だし、
「いつの時代のどこの鳥だよっ」とツッコみたくなりますね。

「遠方の友人」の、さらに遠方の友人のお話でした。(^o^;)


そして、誕生魚は「ヒガイ」

コイ目コイ科に属する淡水魚。漢字で書くと「鰉」
明治天皇が、好んで食べた事から、この字が当てられたそうです。

元々の「ヒガイ」という名前は、痩せて弱々しい様を意味する
古語「ヒガイス」から来ているのではないかと言われています。

魚言葉は「妄想」

おそらく単純に「被害妄想」から取ったんでしょうね。
きっと、これまでも釣り上げられては、「被害にあった」だの
数を増やせば「被害拡大中」とか、それこそ「被害」という言葉にかけて
言われることも多かったのでしょうね。

そりゃあ、被害妄想にもなるわなぁ。(^_^;)




って事で今回の更新です。




昨日の記事では、誕生日を迎えたウトロくんの名前の由来に絡めて
その名前の通りにならなかった残念な部分を紹介しましたが、
名前の通りになった所もあるんですよ。

今日の記事は、そんな内の一つをご紹介してみましょう。




何の変哲もない日常の風景。




・・・と思いきや、よく見ると、片隅には白いカタマリが・・・。




完全に白い球体と化したその物体は、まさに「白いマリモ」




北海道の地名から名付けられた白猫は、
北海道の白い雪と、北海道の名物を兼ね備えたような
新しい物体を生み出したのでした〜っ。
ププッ (*^m^)o==3





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 井上ウトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする