2013年05月24日

とろけジョソ

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日5月24日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:シャカイハタオリドリ
  鳥言葉は・・・『永続』
・誕生虫:タイコウチ
  虫言葉は・・・『トロフィー』

だそうです。


誕生鳥は、「シャカイハタオリドリ」

アフリカ南部に生息する、スズメ科の小さな鳥。
単に「シャカイハタオリ」とも呼ばれています。

漢字で書くと「社会機織」
どっからどう見ても、鳥の名前とは思えませんね。
随分と歴史のある会社名のように思いますね。(^o^;)

そんな「シャカイハタオリドリ」はある事でとても有名な鳥。

それは・・・ 下記リンクをご覧ください。

「これが電柱だって!?」巨大マンションのような巣を作る鳥『シャカイハタオリ』 - らばQ

見ていただければ、一目瞭然ですね。

そう、彼らはものすごく巨大な巣を作ることで有名なんです。
中には、築百年以上のものもあるのだとか・・・。

百年以上って、日本で言えば、明治とか大正の時代ですよね。( ̄□ ̄;)

ただ、この巣もすごいけど、それがそのまま残っていると
いうのがすごいですよね。

電信柱に登って点検とかしないのでしょうか・・・?

ま、そんな所から、この鳥言葉「永続」は来ているのでしょうね。(^O^)


そして、誕生虫は「タイコウチ」

全長30-35mmのカメムシ目に属する水生昆虫。

漢字で書くと「太鼓打」
「太鼓持ち」ではありませんよ。、
泳ぐ際に、前足を太鼓を打つように、左右交互に動かす事から、
その名が付きました。

ちなみに、英語の名前は「Water scorpion(ウォーター スコーピオン)」
そう、水のサソリという、ちょっとかっこいい名前。
日本名との落差がありすぎですね。(^_^;)

そんな「タイコウチ」は、呼吸の仕方に特徴があります。

お尻の先に細長い管のような呼吸器を具えており、それを水面から
出すことによって呼吸します。

まるで、シュノーケルのようですね。

って、呼吸はケツでするのかよっ。ププッ (*^m^)o==3

虫言葉は「トロフィー」

なんで、急にトロフィーが・・・。
何かの凶器かよ・・・( ゚д゚)ハッ!

まさか、昨日の虫言葉の「バールのようなもの」は、
この「トロフィー」だったとか・・・?




って事で今回の更新です。




昨日の記事では、結局ジョソ本人が登場しなかったので、
今日は改めてジョソを登場させてみましょう。


という事で・・・




ホットクッションの上で、くつろぐジョソ。

ちなみに、電源は入ってないですけどね・・・。




くつろいでるといいつつも、心なしか何だかこわばっているような
表情とポーズですね。

人見知りのジョソは、写真を構えるとこんな感じになることが
多いんですよね。( ̄~ ̄;)

ま、そんなジョソも、よっぽど眠かったのか、しばらくすると・・・




だら〜ん。

すっかり、とろけておりました。




ベソジョソドンの暮らす部屋では、個別に分かれている山本家とは違い
餌は3にゃんで共通です。

なので、ジョソは好きなだけ食べていいのに、それでもこんな体型です。

ドンちゃんやベソのようにもっと丸々してもいいのにねぇ・・・。(゜_゜)





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする