2013年05月31日

その後のN男爵

こんばんわ 白猫男爵 です。 ||(> ̄  ̄<)ノ

本日5月31日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:ダイサギ
  鳥言葉は・・・『優雅さ』
・誕生魚:ホウボウ
  魚言葉は・・・『探索船』

だそうです。


誕生鳥は、「ダイサギ」

以前、こちらで「コサギ」を紹介しましたが、
コサギ・チュウサギ・ダイサギをまとめてシラサギと呼んでいます。

そのシラサギの中で、一番大きな種類が本日の誕生鳥「ダイサギ」です。

漢字で書くと「大鷺」

もうそのまんま、大きい鷺だから「大鷺」。それだけですね。(;´▽`A``

で、このダイサギは渡り鳥なので、季節によって暖かい場所に
移動するのですが・・・

ダイサギには、細かく分類すると、より大きな「オオダイサギ」と
それより小さい「チュウダイサギ」に分類されます。

「オオダイサギ」は中国で繁殖し、寒くなると日本にやってくる「冬鳥」
「チュウダイサギ」は日本で繁殖し、寒くなると南へ移動する「夏鳥」

そう。つまり、年中どっちかか居るって事らしいです。
でも、微妙に大きさが違うので、「あれ?冬に見たのよりは、
小っちゃくなってるよね。」って事になりかねないのです。

間違ったことを言って恥ずかしい思いをしなくてすむように、
その違いをしっかり頭の中に入れておきましょうね。


・・・って、そんな機会ねーよ。(^_^;)

鳥言葉は、「優雅さ」

大概のものは、白くて大きいと優雅に見えるもんなんです。

でも、なんでウチの白猫は優雅に見えないんですかねぇ。...( = =) トオイメ
あと、白男爵もしかり・・・。(猫田ニャン談)


そして、誕生魚は「ホウボウ」

昨日の「アカグツ」程ではないですが、こちらも赤い魚の「ホウボウ」
変わった外見と動作が特徴の海水魚で、美味な食用魚でもあるそうです。

漢字で書くと「(竹麦魚、魴(魚へんに方)鮄(魚へんに弗)」

青緑色の胸ビレを、脚のように動かして歩くことができ、
「方々」歩き回ることから、その名が付いたとする説や、
浮き袋から音を出して鳴くことができ、その鳴き声から
この名前になったとする説があります。

いずれにしても、その特徴的な部分から名前がついたとするのは
間違いなさそうですけどね。

ちなみに、英語の名前は「sea robin」
つまり、「海のコマドリ」です。
その鳴き声をコマドリに見立てたんだそうです。

昨日紹介したコマドリが、こんなところにもつながっていたんですね。

魚言葉は、「探索船」

これはやっぱり、「方々」を探索するって所からでしょうね。(^o^;)




って事で今回の更新です。




今日は、昨日と比べると随分体調は良くなったのですが、
なんかまだ、喉の奥にものが詰まったような感じで、
あんまり食事が進んでいません。

ということで、さぞや体重が減っているだろうと期待して測ると・・・


0.9kgマイナス。\(^o^)/


って、ちょっと待って。
昨日測った時は0.6kgのプラスだったから、
実質0.3kgしか減ってないやんけ〜っ。

という訳で、さらに凹んだN男爵。

今日の記事ではウトロくんの誕生日のプレゼントの様子を
お伝えする予定でしたが、記事を書く気力がないので
ほぼ、お休みという形でお許しください。m(_ _;)m




復活に向け、ドンちゃんがマッサージを頑張ってくれてますので
ひとまずご安心を・・・。(*´▽`)ノ





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 07:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする