2013年06月21日

3段ケージで段々・・・

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月21日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:アメリカカイツブリ
  鳥言葉は・・・『見つめあう二人』
・誕生魚:テングハギ
  魚言葉は・・・『団扇』

だそうです。


誕生鳥は、「アメリカカイツブリ」


・・・という事なのですが、ネットで探しても、こういった名前の
鳥がヒットしません。(´・ω・`)

アメリカに生息するカイツブリという事で、おそらく、
「クビナガカイツブリ」か「クラークカイツブリ」のどちらか。

ただ、「クビナガカイツブリ」は、別の日の誕生鳥に指定されているので
おそらく「クラークカイツブリ」を指しているのではないでしょうかね。(^_^;)

そんな「クビナガカイツブリ」と「クラークカイツブリ」なんですが、
とある求愛行動をすることで有名な鳥なんです。

それは、カップルになる相手を決める際に、いくつかのテストを行う事。
そして、最後のテストは、水の上をペアでダッシュ
どれだけ歩調を合わせられるかによって、ペアの相手を決めるのです。

何だかんだで、やっぱり最後はお互いの息が合うかどうか。
人間も鳥も、歩調が合わなければ、夫婦生活も長続きしないと
いう事なんでしょうかね。(^o^;)

鳥言葉は「見つめあう二人」

「見つめあう」というよりは、「走りあう」ですけどね。(-_-;)


そして、誕生魚は「テングハギ」

漢字で書くと「天狗剥」

最近、人気が出てきて「天狗になっているハゲ」の事ではありませんよ。
ププッ (*^m^)o==3

スズキ目ニザダイ科の海水魚。
前頭部に角のような突起があるのが特徴で、その突起を天狗の鼻に例え、
その名が付けられました。

幼魚の時には、角はなく成長するにつれて、その角が伸びていきます。
つまり、「どんどん天狗になっている」という事ですね。(;´▽`A``

ま、そんな角の方に目が行きがちですが、よく見ると角よりも口の方が、
前に突出しており、ユーモラスな顔立ちをしています。

わかりやすい、見た目とユーモラスな顔立ちから、水族館の中でも
意外と人気のある魚の一つとして挙げられているようです。

魚言葉は「団扇」

これから夏本番を迎えます。
水族館では、このテングハギ型の団扇が販売されているのでしょうかね。




って事で今回の更新です。




本日も、昨日に続いて、猫田ニャン =^_^= がお届けします♪

ある朝、ご飯の時間に猫部屋へ行ってみると



昨日、見事なイカ耳を披露してくれた 次男のポコが
3段ケージの上でくつろいでいました。




デブりんではありますが、いちおう棚をつたって、
ケージの上へ上がれるようです。




そしてこちらは、長男のドラ。
(※ 約2年前の画像で、ケージの位置が違いますが、気になさらず・・・)




高いところへ上がって、手をぶらんぶらんするのが好きなのは
兄弟共通のようです。

ただ、顔や仕草はよく似ているのですが、
何かが違う・・・・




ケージのネットに食い込んだ、ポコの見事なお肉 (>△<)あぁ




下から見上げると、ご覧の通り。 ( 」´0`)」ダーメダヨォーイ!





モフモフ・・・と言えば聞こえが良いですが、
これはダイエットするっきゃないですね (´_`ヽ)トホホ

こんな体にしちゃったのは、飼い主の責任ですもの。。ヾ(_ _。)ハンセイ…




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 13:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

揺れるおじいちゃん

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月22日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:バリケン
  鳥言葉は・・・『幸福をもたらす』
・誕生魚:チョウチンアンコウ
  魚言葉は・・・『照明器具』

だそうです。


誕生鳥は、「バリケン」

カモ目カモ科に分類される鳥類の一種。

南米のコロンビアからペルーにかけて生息する「野バリケン」を
家禽化したものが、この「バリケン」で、別名「フランス鴨」、
「台湾アヒル」などとも呼ばれています。

全長は70〜80cmくらいで、顔の周りは赤い皮膚で覆われ、羽の色は、
白一色から、白黒のまだら、ほとんど黒、と特に決まった形もなく
実に様々です。

家禽類では珍しく、飛行能力が残っており、繁殖能力も高いことから
家禽として日本に持ち込まれたものの、そこから逃げ出し野生化した
ものの目撃情報が多く寄せられています。

野バリケンからバリケンとなったのに、さらに野バリケン化していると
いう事ですかね。(^o^;)

鳥言葉は「幸福をもたらす」

そうそう、これを見かけたら足の裏を掻いてあげると、幸福を
もたらすんですよねぇ。(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん

・・・って、それはバリケンではなく「ビリケンさん」では・・・?


そして、誕生魚は「チョウチンアンコウ」

漢字で書くと「提灯鮟鱇」

アンコウ目チョウチンアンコウ科に属する深海魚。
丸みを帯びた体型で、頭部から伸びた発行体を有しており、
深海魚の中でも最も有名な魚と言われています。

光の届かない深海において、その発行体からの光で、餌となる動物を
おびき寄せています。

その姿が、提灯をつるした竿に見える事から、その名が付けられています。

とまあ、このあたりは誰でも知っているメジャーな話なわけですが・・・。

実はこの提灯の付いた、いかにもチョウチンアンコウという姿を
しているのは、チョウチンアンコウの中でもメスだけ。

メスは、体長が60cmほどになるのに対して、オスはその10分の一にも
満たない4cm程度しかありません。

オスは、生殖活動のためだけに存在し、メスを見つけたオスは、
メスの体に貼り付き、最後はメスの体に吸収され、一体化してしまうのです。

しかも、これらは1匹だけというわけではなく、1匹のメスに対して
複数のオス、中には十数匹のオスがくっついているというケースも
あるようです。

チョウチンアンコウの世界では一妻多夫制が当たり前のようですね。
ププッ (*^m^)o==3

ちなみにオスの存在が発見されるまでは、チョウチンアンコウには
謎の寄生生物が付いているという認識しかなかったようです。

実に、悲しい存在ですね。(/_;)

まあ、それがのちに、チョウチンアンコウのオスだとわかり、
次々とその生態が解明されて行くわけなんですが・・・。

ホント、深海生物は、色々と謎の多い存在ですね。(^_^;)

魚言葉は「照明器具」

そのまんまです。

その内、新種のチョウチンアンコウが発見された時は「LEDアンコウ」
みたいな名前が付くんですかね。(;´▽`A``




って事で今回の更新です。




では、本日は久々N男爵がメイン記事もお届けします。(^O^)

ある日のこと、その日もやっぱり山本荘でくつろぐウトロくんに・・・




整骨院に通う猫田ニャンばりに、マッサージを施してあげる事に・・・




ただでさえとろけているおじいちゃんが、さらにとろける事に・・・。

では、続きの様子は動画にて・・・。

<00:19>

動画が見れない場合、もしくは携帯の方は → こちら
(※ 音が出ます。ご注意を)

されるがままに・・・


<00:12>

動画が見れない場合、もしくは携帯の方は → こちら
(※ 音が出ます。ご注意を)

揺れるウトロくん。




最後はすっかりこんな姿に・・・。

無印良品の「体にフィットするソファ」が「人をダメにするソファ」として
注目を集めているようですが、「猫をダメにするマッサージ」を
頑張って極めようかな・・・。( ̄~ ̄;)





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 13:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 井上ウトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

ウトロくんの寝ぼけ顔 その9

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月23日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:ケツァール
  鳥言葉は・・・『神々しい美』
・誕生魚:ナマズ
  魚言葉は・・・『再起不能』

だそうです。


誕生鳥は、「ケツァール」

すぐ後に、予定が入っているので、早めに切り上げようとする
「ケツあーる」とは、違うみたいですね。(-_-;)

キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥で、「カザリキヌバネドリ」という
和名もつけられています。

中南米の山岳地帯の森林に生息し、グアテマラでは国鳥として指定され、
通貨の単位は、この鳥が元になった「ケツァル」です。

世界一美しい鳥とも言われ、尾っぽのように長い飾り羽を持ち、体色は
エメラルドグリーンの背中に、ルビーのような深紅の胸、頭頂部が金色に
輝くなど、鮮やかで変化に富んだ体色を持っています。

現在、グアテマラでは、生息数が激減し、ほとんど見ることができませんが、
隣国のコスタリカでは、保護区内に生息するケツァールを観察する事が
できるため、多くの観光客がひと目見ようと訪れるそうです。

鳥言葉は「神々しい美」

古代マヤ、アステカ時代には、このケツァールが神の化身として
崇拝されていたそうです。
長い飾り羽が飛翔時にヒラヒラと舞う姿を見て、神々しいと思う人も多く、
あの手塚治虫の漫画「火の鳥」のモデルになったと言われています。

どうでもいいで事ですけど、「神々しい」と「痛々しい」
ぱっと見、似てますよね。(^_^;)


そして、誕生魚は「ナマズ」

漢字で書くと「鯰」
顔文字で書くと「(゚ノзヽ゚)」

ナマズ目ナマズ科に属する硬骨魚類の一種。
大きく扁平な頭部と幅広い口、そして長い口ヒゲが特徴です。

鱗がなく、体はぬるぬるとした粘液で覆われている事から、
なめらかという意味の「なま」、
川や沼の泥底に住むことから、泥や土を表す「づ」。

これらの文字をとって「なまづ」→「なまず」という名になりました。

しかし、ナマズといえばやはり、地震の前になると暴れる魚、
つまり、地震予知能力がある魚として有名です。

古くは、「日本書紀」にもその記述が見られ、江戸時代の安政大地震の
前にはナマズが騒いでいたことの記述も残っており、大ナマズがこの
地震を引き起こしたとして、その錦絵が広く出回ったようです。

ただ、ホントにナマズに予知能力があるのかどうかは、正確には
わかっておらず、現在でも、他の魚より電気を感じる能力が高いため、
「地震前の電磁波の乱れを感じる事ができるのではないか」といった
レベルにとどまっているようです。

ま、現状では地震が来るとわかった所で、どこにどれくらいの地震が
来るというのがわからなければ対策もしようがないんですけどね。(^_^;)




って事で今回の更新です。




早くも、また週末がやって来ましたね。
ホント最近は1週間が過ぎるのが早い。
これは歳を取ったという事なんでしょうか・・・?

そんな事より、週末は恒例の「ウトロくんの寝ぼけ顔」シリーズですね。

今回はこんな記事にて・・・




薄暗い廊下の隅。

そこにはこんな物体が転がっていました。




それは白いふわふわの大きな塊。




「誰?こんなトコロにモップ投げっぱなしにしたの。早く片付けなきゃ。」


あ。これじゃ「寝ぼけ顔」じゃなくて「寝ぼけ姿」ですね。(^o^;)






コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

朝食中のひとこま

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月24日の「誕生○○」は・・・
・誕生虫:アリヅカコオロギ
  虫言葉は・・・『大団円』
・誕生鳥:オオヨシキリ
  鳥言葉は・・・『決断力』

だそうです。


誕生虫は「アリヅカコオロギ」

漢字で書くと「蟻塚蟋蟀」

暴走族のチーム名のようですが、バッタ目アリヅカコオロギ科の昆虫です。(^o^;)

体長は2.5〜3mm程度と非常に小さく、日本産コオロギ類中の最小種です。

何と言っても最大の特徴は、その名の通り、蟻の巣に住み着く事。
このアリヅカコオロギが、どのようにしてアリの巣に侵入するのか
というと、アリの体を舐めて、その匂いを体に付ける事で、
アリの仲間になりすましているのです。

そうして、まんまと蟻の巣に侵入したアリヅカコオロギは、
働きアリが運んできた餌を、口移しで食べさせてもらうのです。

とんでもないヒモ生活です。(-_-;)

童話「アリとキリギリス」で、キリギリスは遊んでるだけでしたが、
このアリヅカコオロギはアリに養わさせるという、キリギリスの上を
行くダメっぷり。

もし、童話になったとしたら、どう描かれるんでしょうね。(^_^;)

でも、この状態で「大団円」と言われたら、童話を読んだ子供たちに
悪い影響を与えそうですね。( ̄~ ̄;)


そして、誕生鳥は、「オオヨシキリ」

漢字で書くと「大葦切」

スズメ目ヨシキリ科に属する鳥です。



・・という辺りで、
N男爵は用事で出かけることになりました。

今日はこんな感じですので、
リンク先の 「さえずり」 を聴いて、耳から妄想してくださいませ。

ごめんなさい。  ユルシテω(=^・^=)ωニャン♪





って事で今回の更新は、
猫田ニャン =^_^= が、予約投稿で担当します。


やっと梅雨らしく雨が降って、
水不足を回避できそうかしら??と思いながら
朝ご飯を食べていると、



猫部屋の様子をちょい見するための隙間で、
こんなのを発見!





3段ケージの一番上から、
私の居る気配を感じて、チェックにやってきたようです。





「自分ばっかり食べてないで、





 こっちによこせ〜 (^・o・^)ノ"チョイチョイ  (ウトロくんのお手手が出てます) 」





私が覗き見するためにと思って、開けてる隙間だけど、
逆に私が、にゃんずに見張られているのかも?? ( Φ ω Φ )ジィー








コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

扉の向こうのウトロくん

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月25日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:オーストラリアガマグチヨタカ
  鳥言葉は・・・『貪欲』
・誕生魚:ヨメゴチ
  魚言葉は・・・『結婚披露宴』

だそうです。


誕生鳥は、「オーストラリアガマグチヨタカ」

これまた、どこで区切っていいかわからない長い名前の鳥。

ヨタカ目オーストラリアガマグチヨタカ科に属する鳥で、
リンク先の写真を見ていただければ分かるように、一見すると
フクロウのようですが、実はヨタカの仲間。

オーストラリアに生息し、がま口のような大きなクチバシを持つため
その名が付けられました。

羽の色は、木の枝の色や模様に酷似しており擬態がとても得意な鳥で、
まったく動かず直立不動だと、木の枝とまったく区別がつかないほど。

こうして、木の枝で動かないままで、獲物がくるのを待って狩りを
行なっています。

向こうからやってくるのを待つだけって、鳥言葉の「貪欲」には
程遠いような気がするのですが・・・。(^_^;)


そして、誕生魚は「ヨメゴチ」

漢字で書くと「嫁鯒」

スズキ目ネズッポ科の海水魚。
「コチ」と名前が付いていますが、コチの仲間ではなく、
ネズッポの仲間だそうです。

ってゆうか、ネズッポ自体を知らないのですが・・・。(^_^;)

長い尾ビレを持ち、ウロコがなくヌメヌメしているのが特徴です。

ま、その特徴だけなら、うなぎやドジョウなんかと
一切、違いがないですが・・・。

魚言葉は「結婚披露宴」

整いました。(*^^*)/

「結婚披露宴」とかけまして、「誕生鳥のコーナー」とときます。

そのこころは・・・

どちらも「フクロ(袋、フクロウ)」がよく出るでしょう。

「ネズッポ」です。(^O^)





って事で今回の更新です。




昨日の記事では、扉の向こうから覗く・・・




|ω・`)

ウトロくんの姿が意外に好評なようでしたね。(*´▽`)

せっかくなので、そのシーンを動画で撮影したものも、
ご覧いただきましょうかね。


<00:06>

動画が見れない場合、もしくは携帯の方は → こちら
(※ 音が出ます。ご注意を)

・・・と思ったのですが、ご覧のとおり大失敗。

動画にするには、明るさが足りなかったようで、これじゃあ暗すぎますね。
(・・*)ゞ


さすが、これだと申し訳ないので、お詫びに動画をもう一本。


<00:41>

動画が見れない場合、もしくは携帯の方は → こちら
(※ 音が出ます。ご注意を)

はい。ウトロくんのトイレシーンです。

お詫びの動画がトイレのシーンというのもウチらしいですね。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 15:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

容疑者U、急浮上

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月26日の「誕生○○」は・・・
・誕生果:田中(枇杷)
  くだもの言葉は・・・『変わらぬ愛』
・誕生魚:シラカワ(シロアマダイ)
  魚言葉は・・・『離婚会見』

だそうです。


誕生果は、「田中」

いきなり個人名が出て来ました。(^_^;)
果物なのに個人名を出されても、何のこっちゃと思われるかも
しれませんが、実はこれ、「枇杷」の品種名なのです。

「田中」「福原」「湯川」「茂木」「本間」「山川」

ずらずらと並べてみましたが、これらもすべて枇杷の名前。

同じアパートに住む人達というわけではありませんよ。(^o^;)

ま、ほとんどが、その品種を開発した人の名前をつけているみたいですが、
紛らわしくないんでしょうかね。

「田中」を栽培してる福原さんとか、居そうなもんですけどね。( ̄~ ̄;)

くだもの言葉は、「変わらぬ愛」

紛らわしくても、その名前をつけるという事は、やはり開発した人の
枇杷に対する「変わらぬ愛」なのかもしれませんね。(^O^)


そして、誕生魚は「シラカワ」

漢字で書くと「白川」

上の誕生果に便乗する形で、苗字シリーズにしてみましたが、
こちらは、「シロアマダイ(白甘鯛)」の別名。
アマダイの中でも、超高級魚として有名で、料理の世界では
むしろ別名の「シラカワ」の方が一般的に使われています。

スズキ目キツネアマダイ科の海水魚。

体が白っぽいことから、そのまんま「白いアマダイ」でシロアマダイと
名付けられました。

ちなみに、アマダイは「鯛」の字がついていますが、鯛の仲間ではなく
別の種類。鯛のように美味しいという所から来ています。
「アマ」の方は「甘い」からという説と、横から見ると被り物をした
「尼」に似ているからという説があります。

魚言葉は「離婚会見」

昨日は、「結婚披露宴」だったのに1日経つと「離婚会見」になっていました。

しかも、上では「変わらぬ愛」まで出ているというのに・・・。(-_-;)


整いました〜。(*^^*)/

「離婚会見」とかけまして、「よく寝込むN男爵」とときます。

そのこころは・・・

どちらも「いしゃりょう(慰謝料、医者料)が高い」でしょう。

「ネズッポ」です。(^O^)






って事で今回の更新です。




昨日の、お詫び動画でご紹介したウトロくんのトイレシーンですが・・・




いくつかコメントにてご指摘がありましたね。(^o^)

このトイレの周りにある、ペットボトル。
実はコレ、トイレの転倒を防止するための重しです。

さすが、よくわかりましたね。

コレにより、ケージ内におけるトイレの転倒事故は大幅に減少。
ただ、床の部分でくつろぐことはできなくなりましたけどね。(^o^;)




そして、もう一つの指摘が、ウトロくんは砂を掻けていないのでは?
という指摘。

まさにビンゴ!




結果はこの通り。砂のかかっていないブツがそのまんま。

あれ?(゚_。)?
でも、この光景何処かで見たような・・・?

 ・
 ・
 ・

(゚O゚;アッ!

そういえば、先日ご紹介した「インスタント味噌汁事件




ケージ内の右上に、餌皿が乗っているのがわかりますか?

これが、トイレ内に落とされて、そこにウンチョスをすると、
インスタント味噌汁の完成。

って事は・・・?




ここへ来て、事件に急展開。

U容疑者も十分、犯ニャンの可能性大という事ですね。(;・∀・)





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

お姉様はカギしっぽ?

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月27日の「誕生○○」は・・・
・誕生魚:マツカワ
  魚言葉は・・・『隣の客』
・誕生鳥:ムナグロ
  鳥言葉は・・・『荒ぶる心』

だそうです。


誕生魚は、「マツカワ」

今日もいきなり個人名らしき名前からスタートです。

やっぱり、「マツカワ」と言えば・・・
「あのね〜あのね〜あのねのね〜」でお馴染みのあの人ですね。

ってそれは、「マツカワ」じゃなくて「松村の達川」でしたね。(^o^;)

改めて「マツカワ」に話を戻しましょう・・・
漢字で書くと「松皮・松川」

カレイ目カレイ科に分類される魚の一種で、皮膚の表面が松の皮に
似ている事からとか、松川という場所でたくさん捕れたからという理由で
その名がついたと言われています。

味はカレイの中でも最上とされ、「幻の高級魚」とも言われているそうです。

ただ、最近では養殖や放流などで市場に出回ることが多くなったので、
あんまり「幻」ではなくなったようですけどね。(^_^;)

美味しいことには変わりがないみたいですけどね。(・∀・)


そして、誕生鳥は「ムナグロ」

漢字で書くと「胸黒」

チドリ目チドリ科に属する鳥の一種です。
夏の羽が顔・胸・腹にかけて黒くなる事から、その名が付きました。

・・・という事は、「ムナグロ」以外にも「ガングロ」とか「ハラグロ」
になった可能性もあるということですね。(^o^;)

どれになってても、インパクト的には大して変わりませんが、
その中でも一番マシな名前に落ち着いたって感じですかね。( ̄~ ̄;)

鳥言葉は「荒ぶる心」

「荒ぶる心」といえば、やっぱり、このコーナーでもお馴染み
N男爵の同僚「あけおめさん」

瞬間湯沸し器のようにキレやすい、あけおめさん。
以前にもこんな事がありました・・・

クレーマーっぽいお客さんの電話にキレて、電話が終わった後、
怒りが収まらないのか、机の上の物を投げ始めました。

その態度に対して、上司から胸ぐらをつかまれて怒られるという事態に・・・。

いい歳こいて、社内で胸ぐらをつかまれるなんてねぇ・・・。(-_-;)

「ムナグロ」ならぬ「ムナグラ」のお話でした〜。(;´▽`A``





って事で今回の更新です。





今日は、猫田ニャン =^_^= がお届けします。



最近すっかりご無沙汰していますが、
いつも仲良し、ベソジョソ姉妹は、
夏用の布団の上でも仲良く過ごしています♪





先日、☆とまみさ★ さんが、
「鍵尻尾が大大大好き」って告白をしていたので調べていたら、





ボブテイルや鍵しっぽの猫は、
ヨーロッパでは幸せの猫と呼ばれているそうで、
鍵しっぽが幸せを引っ掛けて、持ってきてくれるのだとか・・・

確かうちにも・・・





こちらのジョソは、
「くるりんちょ」が出来るくらい長い尻尾が魅力なので、





鍵しっぽには該当しないかな・・・?





ただ、お姉さまのベソは、





ボブテイルもどきで、





わかりにくいのですが、
短くって、触ると、骨は先が曲がってる感じ。





「私も、鍵尻尾なのかしら?」
 ベソ、顔が怖すぎぃ・・・(猫田ニャン =^_^= 心の声)







コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

城主マーママに迫り来る危機

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月28日の「誕生○○」は・・・
・誕生魚:トレマトマス・バーナッキ
  魚言葉は・・・『料理酒』
・誕生鳥:ケイマフリ
  鳥言葉は・・・『小さなおしゃれ』

だそうです。


誕生魚は、「トレマトマス・バーナッキ」

何だか、呪文のような言葉が出て来ました。
外国人の名前っぽくもありますよね。昔の哲学者とか経済学者って
言われても納得しそうですよね。(^o^;)

と、そんな名前の魚ですが、インターネットで検索した所、
ほとんど情報が出て来ません。( ̄~ ̄;)

どうやら、スズキ目ノトテニア科の深海魚らしいのですが・・・。

かろうじてヒットしたのが、上のリンク先。
ってゆうか何語だよっ。(;´д`)ノ

ま、こんな感じの魚なのね。と感じ取っていただければ・・・。

魚言葉は「料理酒」

食べれるかどうかすらわからない魚なので、料理酒と
言われてもねぇ・・・。(Θ_Θ;)


そして、誕生鳥は「ケイマフリ」

将棋の駒「桂馬不利」というわけではなく・・・

チドリ目・ウミスズメ科に分類される海鳥の一種。
我が家の白猫ウトロくんの名前の由来となった
北海道は知床半島ウトロに生息する希少種です。

とても美しい声で鳴くので「海のカナリア」とも呼ばれています。
体長は40cmほどで、ハトより少し大きいくらい。
夏羽はウトロくんと正反対の、全身が黒色。そして目の周りだけが白色です。

ただ、「ケイマフリ」の見た目で特徴的なのは、何と言っても足の色。
鮮やかな赤い色の足を持ち、遠くからでも区別することができます。

名前の由来も、アイヌ語の「ケマフレ(ケマ=足、フレ=赤い)」から
来ています。

さらに、行動で特徴的なのが、空を飛べる鳥にしては珍しく、海を泳ぎ
さらに海中深くまで潜ることができます。
その潜水能力は70mを超える程だと言われています。

そんな所から、付いたキャッチが「ウトロの海のSuperBird」

このセンスは如何なものかと思いますが・・・。
いずれにしても、ウトロくんとはえらい違いという事だけは
言えそうですね。(^o^;)

鳥言葉は「小さなおしゃれ」

きっとその赤い足の事を指してるんでしょう。
今度ウトロくんにも赤い靴下を履かせてみたい所ですね。ププッ (*^m^)o==3





って事で今回の更新です。





山本家の中で、今一番の大人気アイテムと言えば・・・




通称「ウトロ城」こと「お城ベッド」

本日はマーママが、首だけ出してご堪能中です。
そして、下では爪とぎに、いそしむ愛娘の ななちゃん




ふと、思い立った ななちゃんが・・・




一気にジャ〜ンプ。

ヤバい。くつろぐマーママの所にジャンプするなんて・・。
これは、大変なことになる。Σ(゚∀゚ノ)ノ


 ・
 ・
 ・




・・・と思ったら、ななちゃんがジャンプしたのは、
お城ベッドではなく、後ろのダンボール。(´▽`) ホッ




母娘が並んで、はいポーズ。

ってなショットを披露してくれましたが、
一瞬、寿命が縮まる思いをしました。(;-_-) =3 フゥ





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 山本軍団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

山本夫妻の寝ぼけ姿

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月29日の「誕生○○」は・・・
・誕生魚:レオセラトーダス
  魚言葉は・・・『こだわり』
・誕生虫:キチョウ
  虫言葉は・・・『志村うしろー!』

だそうです。


誕生魚は、「レオセラトーダス」

響き的には「機関車トーマス」っぽい感じですが、残念ながら子供向け
テレビ番組ではありません。

そんな名前の魚ですが、インターネットで検索した所、
昨日に引き続き、ほとんど情報が出て来ません。( ̄~ ̄;)

いろいろ追跡した結果、どうやら、「レオセラトーダス」ではなく、
「ネオセラトーダス」の間違いではないかと・・・。

で、その「ネオセラトーダス」とは、現在「ネオケラトドゥス」と
呼ばれており、一般的な日本名で言う所の「オーストラリアハイギョ
ではないかという所まで、何とか辿り着きました。(;-_-) =3 フゥ

間違っていたらスイマセンが、この「オーストラリアハイギョ」として
話を進めていきますね。(^o^;)

魚といえば、水の中でも呼吸ができる「エラ呼吸」というのは
周知の事実だと思いますが、エラとは別に肺を持ち、肺でも呼吸が
できるという変わった魚が存在します。
それが、いわゆる「肺魚」。

世界中には、全部で6種類の肺魚が存在し、その中でオーストラリアに
生息するのが、この「オーストラリアハイギョ」ということになります。

ハイギョは、肺でも呼吸ができるので、体が湿っていれば、干ばつなどで
水が干上がっても生きていけるそうです。

ただ、このオーストラリアハイギョは、肺が一つしかないため、
他の種類と比べると、生存率は低いそうですが・・・。(;´▽`A``

と、そんなオーストラリアハイギョは、見た目が愛くるしい顔
しているので水族館でも人気があるようです。

どっかの虫のぬいぐるみが話題になっていましたが、このぬいぐるみを
作っても人気が出そうですね。(^o^)

魚言葉は「こだわり」

ぜひとも、こだわりの一品をお待ちしております。ププッ (*^m^)o==3



そして、誕生虫は「キチョウ」

「貴重」でも、「記帳」でも、はたまた「機長」でもなく・・・

漢字で書くと「黄蝶」

チョウ目シロチョウ科に属する蝶の一種。
そう、そのまんま黄色い蝶という事ですね。

前翅長は20〜27mmで、近縁のモンキチョウよりもやや小さい。
草原や畑、道端や市街地などで、ごく普通に観察できるそうです。

ふ〜ん、特に珍しい訳でもなんでもないのね。
では、さらっと流して終わりとしましょう。(^_^;)

虫言葉は「志村うしろー!」

草原や畑、道端や市街地などで、ごくごく普通に聞く言葉ですね。(^O^)



・・・って、今の時代じゃ聞かねーよっ。(; ̄▽ ̄)ノ”







って事で今回の更新です。





昨日の記事でお送りしたウトロ城に陣取るマーママ。

マーママはその後・・・




そのまんまウトロ城にて、ウトウト・・・




スヤスヤとすっかり夢心地。

そんなマーママが寝ているウトロ城の真向かいにあるのが、「山本荘」。

そんな山本荘では・・・




旦那のアビパパが、なぜかシッポを抱え込んで眠りについていました。




何か匂うのでしょうか・・・?




いかつい顔をしてるのに、やる事はとってもおちゃめなアビパパ。

いったいどんな夢を見てるんでしょうね。ププッ (*^m^)o==3






コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 14:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 山本軍団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

ウトロくんの寝ぼけ顔 その10

こんにちわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日6月30日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:オオハシマダガスカルモズ
  鳥言葉は・・・『機転がきく』
・誕生虫:コーカサスオオカブトムシ
  虫言葉は・・・『もう寝なさい』

だそうです。


誕生鳥は、「オオハシマダガスカルモズ」

最近は、誕生魚の方でなかなかヒットしないのが続いていましたが、
今日はこちらの誕生鳥「オオハシマダガスカルモズ」とまったく
同じ名前の鳥というものが見つかりません。

ただ、オオハシモズ科の鳥は、マダガスカル島のみに生息し、
別名マダガスカルモズ科とも呼ばれているので、オオハシモズ科の
鳥のいずれかであることは間違いないでしょう。

このオオハシモズ科の中にはクチバシの違いで21種類もの種類が
いるそうですが、それぞれがまったく別物の種類のように見た目が
異なっており、とても同じ仲間の種類とは思えないそうです。(^_^;)

これはマダガスカル島という特殊な環境に適応するため、それぞれが
独自な進化をとげてしまったことで生まれた産物なのだそうです。

今や一般用語になった「ガラケー」の語源の元、ガラパゴス島と同様、
マダガスカルも独特の種類の宝庫のようです。

そんなマダガスカル島に生息する生き物で、変わったものを見つけたので
紹介しておきます。

それがこの「トマトガエル
注:嫌いな方は見ないほうがいいかも・・・。

あまりにも「トマト」だったので、ご紹介してみました。


って結局、「オオハシマダガスカルモズ」の話じゃなくて
「カエル」の話になっちゃったじゃん。(;´▽`A``



そして、誕生虫は「コーカサスオオカブトムシ」

コウチュウ目カブトムシ亜科に属するカブトムシの一種。
スマトラ島・ジャワ島・マレー半島・インドシナ半島などに生息する
アジア最大のカブトムシで、3本の長い角が特徴です。

闘争心が旺盛で、南米のヘラクレスオオカブトと並んで、
世界最強のカブトムシとも称され、昆虫相撲のような企画物には
必ずといっていい程、登場してきます。

最近では、日本のカブトムシの数が減ってきているため、
このコーカサスオオカブトムシが輸入され、ホームセンター等に
普通に売られているという逆転現象が起こってきています。

ただ、上にも書いた通り、闘争心が旺盛なので、噛まれて怪我を
したりといったトラブルや、海外種のものなので温度管理が
大変だったりと、それなりに大変なようなので、安易に
手を出さないほうがいいのかもしれませんね。

もし、ホームセンターで見かけた子供たちが「飼いたいよ〜」と
せがんできたら、一言こう言いましょう。

「もう寝なさい」





って事で今回の更新です。





早くも、またまた、週末になりましたね。
週末は、恒例の「ウトロくんの寝ぼけ顔」シリーズをお送りします。

昨日の記事では、マーママとアビパパの寝姿をご紹介しましたが、
山本荘でシッポを抱えて眠るアビパパの隣では・・・




こんな姿の白猫が・・・。( ̄□ ̄;)




キバチラ状態で、片目だけが開いてます。




山本サファリパーク内で、これだけ油断できるというのも、
それだけこの環境に順応しているということなんでしょうね。
ププッ (*^m^)o==3





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
ニックネーム 猫男爵 at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする