2013年12月26日

ガリサー・マーママ

こんばんは 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日12月26日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:コウノトリ
  鳥言葉は・・・『子宝』
・誕生虫:17年ゼミ
  虫言葉は・・・『ホームヘルパー』

だそうです。

12月26日は、読売巨人軍の前身である大日本東京野球倶楽部が
創立された日である事から、「プロ野球誕生の日」です。

「誕生」といえば、あの鳥ですね。そう、本日の誕生鳥は・・・

・・・「コウノトリ」

赤ちゃんを運んでくるとされる鳥ですね。(^o^)

でも、実はこれも間違った情報。

もともと、この赤ちゃんを運んでくるというのは、ヨーロッパの伝承。
でも、ヨーロッパにはコウノトリは生息していないのです。

この伝承の鳥というのは、コウノトリとは近い種類のシュバシコウという鳥。
黒いクチバシのコウノトリに対して、赤いクチバシが特徴の鳥です。

では、なぜそのシュバシコウが赤ちゃんを運んでくるという説が
生まれたのかというと・・・

昔ドイツのとある村で、長年子供ができない夫婦が住んでおり、
その家の煙突にシュバシコウが巣を作ったそうです。

その夫婦はシュバシコウのため、煙突を使わないようにし、
そのおかげで、シュバシコウのヒナが無事に孵ることができたのです。

すると、不思議なことに、その夫婦も子供を授かる事ができ、
まるでシュバシコウが子供を連れてきたようだというお話から
子供を運んでくるとして有名になったのだそうです。(^。^;)

ま、日本では「コウノトリ」が「幸の鳥」につながるとして
げんを担ぐという意味でも、安産の象徴として出産の不安を
和らげる役割を負っているのでしょうね。(^o^)

間違っているとはいえ、必要な存在である事には変わりないですね。(^_^;)


と、そんな12月26日の、本日のチョイスは誕生虫「17年ゼミ」

・・・でしたが、今日もやっぱり前フリだけで長くなってしまったので
割愛させていただきます。( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ


今年の5月に、アメリカ・シカゴで大量発生した数十億匹のセミ。
話だけでも興味がある方は、上記リンク先や、そのウラ日記などを
読んでみるといいかもしれませんね。(;´▽`A``




って事で今回の更新です。




そういえば、すっかり記事にするのを忘れていたのですが、
山本家のにゃんズたちにこんなものをプレゼントしていたのです。




じゃ〜ん、ガリガリサークル〜っ。

略して、「ギャルサー」ならぬ「ガリサー」です。(^_^;)




さっそくチェックに来るのは、いつものお約束マーママ。




ウトロくんも見守る中、しっかりチェック。




「うん、なかなかいいわね。コレ。」


しばらくすると・・・





「せ〜の」




「くるり〜ん」




すっぽり。




「ど〜よ? バッチリでしょう。アンモニャイト。」

すっかりガリサーにハマるマーママの姿がありましたとさっ。


この時期にプレゼントのネタをやると、クリスマスプレゼントだと
思うでしょう。

実はコレ、マーママとアビパパの誕生日プレゼントなのでした。

って、6月の話じゃね〜か。(; ̄▽ ̄)ノ”





〜 お知らせとお願い (‘ω`pq)・.。* 〜

広島のCM・TV・ラジオのテーマ曲などを数多く手掛ける
アコースティックインストデュオさらさ 」が

TBS系列12/30(月)22時放送
「プロ野球戦力外通告 〜クビを宣告された男達〜」


番組応援曲を募集するコンテストへ、エントリーしています♪



「3月(仮) 」by アコースティックインストデュオさらさ

動画が見れない場合、もしくは携帯の方は → こちら
(※ 音が出ます。ご注意を)

野球をやめるのか、それとも諦めず、
大切な家族の為に、再起を賭けて闘うのか?、
もがき続ける選手達の心の葛藤を応援したくなる素敵なメロディです!!

YouTubeの再生回数も審査対象になるとのことで、
みにゃさま是非ご覧くださいませ。

そして、☆応援☆よろしくお願いします<(_ _*)> ヨロシクオネガイシマス ♪




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)

ニックネーム 猫男爵 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする